いのちをいただくを購入読み聞かせにおすすめの本です。♪

LINEで送る
Pocket


「いのちをいただく みいちゃんがお肉になる日」
をy怪獣に購入しました。

受験を期に、にわか食育をはじめてから
能動的に食を考える事は良いことだと実感したため、
たまたま本屋さんで目にしたこの絵本を買う事に。

スポンサーリンク

食肉センターに勤めて命を解く(牛や豚をころす)
その仕事をしている、坂本義喜さんの物語です。

感謝して食事をすること、
本来の「頂きます」の意味を少しでも感じられる事を
願いながらy怪獣に読み聞かせをしています。

坂本さんが講演で語るエピソードに感銘を受けた助産師・内田美智子さんが、
本として綴った「いのちをいただく」
その本は10万部を超えるヒット作で、そこから紙芝居、絵本となりました。

それを知らずにこの本を手に取りましたが、
買って良かったです。

今日姉珍獣も小学校に読み聞かせにおすすめの本として持って行き
みんなに紹介しました。

LINEで送る
Pocket


スポンサーリンク

ランキングに参加してます♪どうか応援してください!

にほんブログ村 子育てブログ 兄弟・姉妹へ

コメントを残す